経営理念
会社概要
技術紹介
表面処理について(マンガ付)
応用加工技術
ステンレス新色カラー
ステンレスについて
お問い合わせ
リンク集
INDEX
お問い合わせ
 
ステンレスについて
 
ステンレス種類
オーステナイト系 フェライト系 マルテンサイト系 析出硬化系
ステンレスとは、Stainless Steel の略称で、Stainlessは錆びにくい、Steelは鋼のことです。
すなわちステンレスとは"さびにくい鋼"ということです。このさびにくい性質、腐食に耐える性質はもちろん、酸に耐える性質、熱に耐える性質、酸化に耐える性質など優れた特性をもっています。
この特性と現代の世相にマッチして、あらゆる方面での需要が増大しています。 一般にステンレスは鉄を主成分として、これにクロム(12%以上)やニッケルを含有させた合金鋼で、大気中の酸素が酸化剤となって"自己不動態化皮膜"という酸化皮膜を形成し、錆にくさを維持しています。
しかし、錆にくさの度合はステンレス鋼種と加工工程によって異なります。したがって"ステンレスは錆びない"というのは素材の場合であって、加工は複雑になるほど錆びやすくなるのはあたりまえです。
・・・・いかに錆びにくいステンレスにするかが、表面改質処理技術の真価です!
以下、ステンレス種類をご紹介!
 
  ステンレスについて 各種ステンレス鋼の特徴
 
   オーステナイト系
  代表的鋼種は、SUS304で最も普及しています。この鋼種は加工性、靭性に富み、耐食性に優れていますが、焼入れ硬化性がないので硬さの点でマルテンサイト系に劣ります。 一般的には非磁性ですが、加工等によって弱磁性になることがあります。
 フェライト系
代表的鋼種は、SUS430です。焼きなまし状態がフェライト組織で、成型加工に適する反面、高温度においては結晶の粗大化がみられ、靭性が劣ります。対錆性も表面の不働態化により優れてはいますが、オーステナイト系よりも劣ります。強磁性です。一般に厨房用の加工材や圧造用材料、金網素線等に広く使われています。
 
 マルテンサイト系
代表的鋼種は、SUS410です。焼きなまし状態ではフェライト組織を示し、靭性に富み、成形加工も比較的容易です。 焼入れするとマルテンサイトを生じ硬化するので、ネジ用耐摩耗部品として使用されます。強磁性です。
 析出硬化系
  PHタイプといわれるものです。17−4PH(SUS630)と17−7PH(SUS631)があります。成形後析出硬化熱処理により、いろいろな強度が得られる特長を持っています。強磁性です。
ステンレス種類 代表的鋼種 組 成 熱処理 磁 性
 オーステナイト SUS304
18Cr−8Ni
軟化する
非磁性
XM7 18Cr−9Ni-3.5Cu
軟化する
非磁性
 フェライト SUS430
18Cr
硬化しない
強磁性
 マルテンサイト SUS410
13Cr
硬化する
強磁性
 析出硬化系 SUS630 17Cr−4Ni-4Cu-Nb
強硬度を得る
強磁性