お問い合わせ
表面処理技術紹介
パシペイト処理 SP処理 テンパーカラー 薬品カラー
頭部焼付塗装 トリオコート Sコート ハイパーブライト

パシペート テンパーカラー

 ステンレスの材質は錆びないとされていますが、ネジ・ナット・ボルト・その他いろいろな製品は製造工程において油脂類、鉄分等あらゆる不純物が付着することによって、錆びてしまいます。 又、加工硬化などで表面状態が変化し腐食の原因にもなっています。
パシペート物語
パシペート処理の目的
加工前のねじの会話  サカモト工業ではパシペート処理はただ磨くだけではなく本来のステンレスの状態に戻すという目的で行っています。
 そのために全自動パシペートラインを材質ごとに3ライン稼動させています。そして、長年の研究の末、ステンレスに1番ふさわしい前処理用の薬品を弊社独自の製法で作り、前処理工程(不純物除去工程)を重点的に行っています。
 前処理工程で不純物を確実に除去した後に、加工することにより壊れてしまった不導態化皮膜を再度生成させることで、本来のステンレスの状態に戻すことにより耐食性を戻しているのです。
パシペート1
ねじ、パシペートに向かう。
パシペート2
パシペートの中での会話。
パシペート3
きれいな、つるピカねじに変身!
パシペート4
色付け加工(テンパーカラー)へ