お問い合わせ

 

表面処理技術紹介
パシペイト処理 SP処理 テンパーカラー 薬品カラー
頭部焼付塗装 トリオコート Sコート ハイパーブライト

薬品カラー(酸化着色)

SSブラックってなんだろう?

SSブラックの処理方法は酸化着色ということですが SSブラックのSSって何の意味かご存知でしょうか?
S=ステンレス S=サカモト
ステンレス製品をサカモト工業(株)が ブラックに着色しますという意味なのです!ご存知でしたか?
SSカラー(SSブロンズ)も同じですね!
サンプル写真
薬品カラー(酸化着色)の特徴
■SSブラック
SSブラック
■SSブラックについて
通常黒染めが困難であるとされるステンレススチールや高合金鉄の黒染めに用いるアルカリ性黒染めです。表面光沢は素地の光沢によって異なりますが、研磨した光沢面では美しい光沢のある黒染め仕上げが可能です。黒染め皮膜は1.5〜2.5μm、寸法公差は0.3μm以内です。

美麗な黒色で密着性及び均一性がよい。
● 電解法と比べて色調変化がなく、一定です。
● スマット(スス)が全く発生しません。
● 光沢部品類の黒染めに最適です。
● 低コストです。
■SSブロンズ
SSブロンズ
■SSブロンズについて
SSブロンズは優れた耐食性、色彩を同時に付与し、 その優雅なブロンズ色は、建築金物、エクステリア関係をはじめ 各分野で好評を頂いております。

● 美麗な色彩が得られる。
● 耐候性 耐薬品性に優れ、自然環境にも耐える。
● 摩耗、衝撃に強い。
● 形状複雑な小物金物でも色のつきまわりがよい。
■SSライトブロンズ
SSライトブロンズ
■耐食性に関して
SP処理後にカラー着色をすることでより耐食性アップ!
各種ステンレス鋼(SUS301〜305,403,410,420,430)の黒染めに使用します。
特に18−8ステンレス鋼の黒染めに最適です。
■SSブロンズ
SSブロンズ